クラウドファンディングキャンペーンをスタートします

「贈る手紙の会」では、本日7月1日10時より、クラウドファンディングのキャンペーンプロジェクトをスタートします。

プロジェクト名:「児童養護等の子どもたち・退所者の笑顔を増やしたい!」

さまざまなご縁を通じて児童養護施設の子どもたちの話を伺うなかで、「贈る手紙の会」として何かできないかと考えるようになりました。

私たち「贈る手紙の会」のビジョンは、「愛に満ちた言葉と笑顔あふれる世界」です。手紙と言葉の力により、自分らしく生き、思いあえる心豊かな社会の実現を目指し、「手紙を贈る」活動をしています。

手紙を手に取ったとき人のぬくもりを感じ、少しどきどきしながら封を切り、読み進むうちにもっと笑顔になる。そして、相手とつながる感覚。手書きの手紙が手元に届いたときの心に感じるあたたかさを、誰よりも私たち自身が感じています。

そんな体験を、児童養護施設の子どもたちにも知ってもらえたら、という思いで、全国約600の児童養護施設に活動を知ってもらう手紙とレターアイテムを送ります。

今回のプロジェクトでは、会員の多い関東と九州にある224施設への郵便料金と活動案内のチラシ印刷代を目標金額にいたしました。もちろんこれから、どんどん全国へも届けていきたいと思っています。

手紙を通じて、子どもたちがつながっている安心感を得てもっと笑顔になってほしい。そして、その安心感を入所中だけでなく退所後にも続くつながりにできたらと切に願っています。

どうぞ皆さまのお力を貸してください。ご寄付はワンコイン(500円)から可能です。1000円以上の方にはギフトもご用意いたしました。

応援・拡散していただけましたら幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です